パリーグ速報

パリーグ情報満載のニュース、ネタサイト


    スポンサーリンク

    東北楽天ゴールデンイーグルス

    楽天嶋が描いたクラッチww.ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww

    1: 2018/02/17(土) 00:55:39.53 ID:ssDODdM30
    no title

    2: 2018/02/17(土) 00:56:19.75 ID:ssDODdM30
    ちな池山コーチ
    no title

    no title

    3: 2018/02/17(土) 00:56:41.08 ID:Mw6MXI7M0

    続きを読む

    【朗報】楽天藤平、強打の阪神打線相手に4回パーフェクトピッチング

    20180216-00000114-sph-000-4-view

    1: 2018/02/16(金) 20:09:48.49 ID:afnPPgQhM
    2/16(金) 14:30配信 スポーツ報知
    【楽天】先発・藤平、MAX150キロで3回パーフェクト!ロサリオもK斬り
    先発し3回パーフェクト投球の楽天・藤平
    ◆練習試合 阪神―楽天(16日、宜野座)

     先発した楽天・藤平尚真投手(19)が、3回をパーフェクトに抑えた。紅白戦で2試合連続で本塁打を放った新外国人・ロサリオから空振り三振を奪うなど3回36球で、無安打無失点。最速は150キロをマーク。


     先発ローテ入りを狙う高卒2年目の藤平。現状で則本、岸、美馬は当確で辛島も濃厚で残っているのは2枠しかない。その少ない枠を森、安楽、古川、池田、近藤、塩見らと争っているが、最高のアピールとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000114-sph-base

    続きを読む

    【楽天】高梨、1イニング6安打7失点 梨田監督「いい経験になったかな」

    1: 2018/02/16(金) 22:57:02.57 ID:2Ufi0/KU0
    ◆練習試合 阪神10―1楽天=特別ルール=(16日、宜野座)

     楽天・高梨雄平投手(25)が、阪神打線の勢いに飲まれた。6回に3番手でマウンドに上がったが、1イニングで6安打7失点。昨季は46試合、43回3分の2で自責点がたった「5」だった男が、練習試合だったとは言え、阪神打線につかまった。

     貴重なリリーフ左腕として大きな期待をする梨田監督は「去年よりもコントロールがよくなりすぎてストライクがどんどん入っちゃうからね。去年は2ボールとか3ボールから打ち取ったりとかだったけど、ちょっとまとまりすぎた部分があるので、逆にいい経験になったかなと思う。1イニング7点だからね。なかなか見られないよね」と驚きを隠せなかった。
    あくまで調整段階での投球だったこともあり、2年目左腕を責めることはなかった。

     この日視察した侍ジャパン・稲葉監督も「打たれたときの立ち振る舞いや打たれたボールを見ることができた」と収穫を口にしていた。


    no title

    試合後、佐藤コーチ(中央)から指導される(左から)高梨、戸村、藤平、小野、池田、ソン・チャーホウの投手陣

    2: 2018/02/16(金) 22:57:30.56 ID:2Ufi0/KU0

    続きを読む

    【超速報】楽天・梨田監督 出産していた!「出産が終わりまして」

    img520

    1: 2018/02/16(金) 10:52:38.17 ID:iweLzfnyM
    ◎楽天・梨田監督は痩せたと指摘されると、自分のおなかを触って「昨年、出産が終わりまして」。

    2: 2018/02/16(金) 10:52:47.09 ID:iweLzfnyM

    3: 2018/02/16(金) 10:53:01.95 ID:iweLzfnyM
    なんて監督や

    続きを読む

    【朗報】グラサンを掛けたオコエが結構かっこいい

    1: 2018/02/16(金) 07:17:26.07 ID:2Ufi0/KU0
    no title

    3: 2018/02/16(金) 07:17:45.30 ID:2Ufi0/KU0
     楽天が15日、打撃力アップへ秘密兵器を導入した。動体視力のトレーニングの一環として野手全員が「Visionup」と言われる特殊サングラスを使用。レンズ部分を点滅させることで、意図的に見えにくい状態にして眼球の動きなどを鍛えた。楽天担当・安藤記者が体験リポートした。

     なにをやっているのか―。一見するとプレー中にかけるサングラスと変わらない。それなのに「Visionup」をつけると、運動神経抜群のオコエ瑠偉外野手(20)ですら5メートルの距離から下から投げたボールをキャッチするのが難しい。4万円以上する高級品に興味津々の梨田昌孝監督(64)も挑戦したが3球すべて落球。「全然捕れないじゃないか」と苦笑いだった。

     そして、指揮官のご指名もあって記者も体験した。しょせんただのサングラス、と軽い気持ちでつけてみたが、予想以上に見えない。レンズ部分がチカチカと白黒する。2コマに1度は視界が遮られるようなイメージだ。当然のように投げてもらったボールは全く捕れなかった。

     このトレーニングの狙いを、指導した白石トレーナーは「視界を遮るので、動体視力を鍛えてます」と説明。視界を制限すると、集中力を高めないと動くボールを見られず、眼球の動きなどが鍛えられる。オフに日本ハム・斎藤や近藤、ソフトバンク・上林も導入した。初体験のオコエは「見えにくい状態になるので、外すとはっきり見えるようになる。目がスッキリしてボールも見えやすい」と効果を実感した。

     チームは昨季、終盤に失速し3位。ペゲーロやウィーラーら外国人の打撃頼りだったことは否めない。走塁改革などで外国人に頼らない攻撃を目指している梨田監督。打力アップにつながる武器を手にしたのかもしれない。(安藤 宏太)

    6: 2018/02/16(金) 07:18:09.29 ID:2Ufi0/KU0

    続きを読む
    スポンサーリンク


    スポンサーリンク
    記事検索
    アーカイブ
    応援クリック
    ブログランキング・にほんブログ村へアクセスランキング


    プロ野球データFreak
    パリーグ順位表
    スポンサーリンク