パリーグ速報

パリーグ情報満載のニュース、ネタサイト


    スポンサーリンク

    ニュース

    NPBが教員向け「ベースボール型授業研究会」を開催

    1: 2017/08/16(水)13:46:36 ID:c4H
    講師は以下の通り。

    武藤一邦、塀内久雄、上野大樹(以上元ロッテ)
    岡村隆則(元西武)
    西村弥(元楽天)
    大島公一(元オリックス)
    田中大二郎、芳川庸(以上元巨人)
    佐伯貴弘(元中日)
    小山田保裕(元横浜)
    内藤尚行、山部太(以上元ヤクルト)

    20170816-01872978-nksports-000-4-view


    佐伯が中日OBとして出てるのはちょっとかなC

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-01872978-nksports-base

    続きを読む

    【悲報】ダルビッシュ、東北高の同窓会からハブられていた

    20170810-00828657-number-000-1-view

    1: 2017/08/10(木) 11:42:50.36 ID:yoYTh51na
     「僕ら卒業してから毎年、同窓会やっているんですよ。1回も途切れることなく。銀行員とか、いろいろな仕事をしていて、この会を楽しみに1年間、頑張るっていう奴も多いんです」

     真壁賢守はちょっぴり誇らしげだ。記憶にある高校野球ファンも多いだろう。ダルビッシュを好リリーフし、「史上最強の2番手投手」とも言われた黒縁メガネのサイドハンド。彼が同窓会の幹事なのだ。

     ただ、これまでの12回。青春を語らうその集まりに一度も姿を見せていない男がいる。

     「有には声かけていないんですよ。これまで絶対に来ないと思っていたんで……」

    続きを読む

    ダルビッシュ、チームに溶け込む

    1: 2017/08/03(木) 20:57:46.76 ID:Htq62xVj0
    no title

    no title

    no title

    no title

    2: 2017/08/03(木) 20:58:37.93 ID:icbo0KAyp
    マエケンより馴染んでそう

    4: 2017/08/03(木) 20:59:01.32 ID:QV3EBwXw0
    2、3枚目ウッドとヒルかな

    続きを読む

    セ・パ12球団の得失点差がこちら (7/30終了時)

    1: 2017/07/30(日)22:43:23 ID:YIu
    パ・リーグ
    カッコ内は得点数/失点数

    1 楽 +95 (398:303)
    2 ソ +124 (423:299)
    3 西 +109 (433:324)
    4 オ -36 (324:360)
    5 日 -108 (315:423)
    6 ロ -156 (280:436)

    2: 2017/07/30(日)22:44:09 ID:jMK
    絶対値取ればロッテの勝ちやね

    続きを読む

    大阪桐蔭・柿木に日ハム、西武、巨人、ヤクルトのスカウト集結

    キャプチャ

    1: 2017/07/25(火) 23:43:48.50 ID:JnAAyRipr
    【大阪】大阪桐蔭に超新星・2年生の柿木8者連続含む7回11K
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/25/kiji/20170724s00001002443000c.html

    第99回全国高校野球選手権大阪大会4回戦 大阪桐蔭5―0同志社香里 ( 2017年7月24日 シティ信金スタ )

     春の選抜大会から公式戦は破竹の20連勝だ。今夏初登板に背番号16が燃えた。柿木蓮投手(2年)は6回1死まで圧巻の無安打投球。
    2回の西野から5回の高木まで8者連続で三振を奪った。
    春先に習得したばかりのフォークにスライダーも切れ味が鋭く、7回を被安打1の11三振。待ちわびた舞台で持てる能力をすべて解き放った。

     投手陣ではエース徳山に続く2番手グループに位置する最速146キロ右腕。
    同期の左腕・横川、野手兼任の根尾らタレント揃いのチームにあって出番に飢えていた。
    練習グラウンドでは西谷浩一監督に目力で登板を訴え、肩をグルグル回してアピールを続けたが「目をそらされました」と屈託なく笑った。

     今春の選抜では負傷した正捕手・岩本の代わりにメンバー登録され、背番号2をつけた。佐賀県多久市の出身。
    柿木の中学時代、指揮官が計3度も足を運んだ逸材だ。
    「タクシーも止まっていないような場所で、最寄り駅から山道をかなり歩きました」と言うように、汗だくになってまで会いに行った男だ。

     来夏100回大会の主役を担う2年生は来秋ドラフト候補にも名前が挙がる。日本ハム、西武など5球団が視察。
    巨人の武田康スカウト部主任は「馬力があるし、楽しみな存在ですね」と話し、ヤクルトの阿部健太スカウトも「ベース板の球が強い」とうなった。

     根尾にマウンドを譲った後は初めて右翼の守備に就いた。これも夏の連戦を見据えた布陣だ。
    「救援や中継ぎ、何かあったら柿木で、と言われるようになりたい」。アップのかけ声も任されるムードメーカーがフル回転する決意だ。(吉仲 博幸)

    続きを読む
    スポンサーリンク


    記事検索
    スポンサーリンク
    • ライブドアブログ