パリーグ速報

パリーグ情報満載のニュース、ネタサイト


    スポンサーリンク

    ニュース

    平野また0点に抑える

    キャプチャ

    1: 風吹けば名無し 2018/06/11(月)06:59:48 ID:r9r
    7回 3人を16球 無安打1三振 防御率1.61

    2: 風吹けば名無し 2018/06/11(月)06:59:56 ID:oUr
    やったぜ

    3: 風吹けば名無し 2018/06/11(月)07:00:51 ID:cDh
    最後の希望平野

    続きを読む

    【悲報】スポナビさん、大谷死亡で無理やり見所を作ってしまう

    1: 風吹けば名無し 2018/06/10(日) 11:14:47.72 ID:jzxpI3uOd
    no title

    no title


    悲しいなぁ

    2: 風吹けば名無し 2018/06/10(日) 11:15:00.43 ID:RcsRtS+s0

    続きを読む

    BCリーグの打率ランキングwwwwwwwwww

    1: 風吹けば名無し 2018/06/10(日)09:08:05 ID:mfm
    1 関口(武蔵) .443(106-47) 8本 38点 5盗
    2 ポロ(信濃) .425(113-48) 6本 34点 5盗
    3 清田(福井) .390(100-39) 1本 23点 0盗
    4 岸本(福島) .384(112-43) 1本 22点 7盗
    5 菊地(新潟) .372(129-48) 0本 14点 19盗
    6 新村(信濃) .370(73-27) 1本 18点 3盗
    7 赤松(福島) .356(118-42) 2本 20点 0盗
    8 村田(栃木) .354(65-23) 3本 18点 0盗
    9 足立(新潟) .352(88-31) 1本 24点 3盗
    10 山本(信濃) .351(74-26) 2本 16点 0盗

    続きを読む

    【悲報】大谷、完全に終了

    20180610-00000017-spnannex-000-2-view

    1: 風吹けば名無し 2018/06/10(日)08:12:44 ID:Xjn
    大谷、前半戦絶望…右肘じん帯損傷で最悪手術 昨年10月より悪化

     エンゼルスの大谷翔平投手(23)が8日(日本時間9日)、右肘の内側側副じん帯の損傷で自身初となる10日間の故障者リスト(DL)に入った。既に「PRP(多血小板血しょう)注射」による治療を受け、3週間のノースロー調整が決定。投手としての前半戦の復帰は絶望的で、DHとしてファン投票に候補入りしている7月17日(同18日)のオールスター戦出場も微妙になった。

     マイク・ソーシア監督は沈痛な表情で大谷の離脱について語った。「2つの大きなパーツを失った。マウンドでの活躍ぶりは特別なものだったし、左打者としても本当に重要だった」。先発投手として4勝、防御率3・10、中軸打者として打率・289、6本塁打。投打で代え難い「2人分」の戦力だった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000017-spnannex-base

    2: 風吹けば名無し 2018/06/10(日)08:13:38 ID:qiP
    マジのガチで終わりやんけ…

    続きを読む

    大谷二刀流の弊害…体質的に不向き?/西本聖の目

    20180608-00232508-nksports-000-9-view

    1: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 15:20:59.61 ID:CAP_USER9
    6/8(金) 11:05配信
    <西本聖の目>
    <エンゼルス4-3ロイヤルズ>◇6日(日本時間7日)◇エンゼルスタジアム


     エンゼルス大谷翔平投手(23)が、右手中指にできたマメの影響で緊急降板した。

      ◇   ◇   ◇  

     今試合の大谷は、立ち上がりから腰が引けて投げていた。どこか痛いところがあると思って心配したが、マメの影響ということだった。大事には至らずにホッとしたが、今後に向けての不安は大きい。原因は「二刀流の弊害」からきているからだ。

     打者として出場するから、どうしても登板間隔が一定しない。マメがつぶれないようにするためには、コンスタントに投げて皮膚を強くしないといけないが、登板間隔が空いてしまうと難しく、マメもつぶれやすくなる。

     マメのつぶれた箇所も厄介。中指の内側で、スプリットでやったのだろう。直球でできるマメなら指の腹の部分。球を投げないときでも硬いものを指先でたたくなどして強化ができる。しかし指の内側は鍛えにくい。常にボールを持って指で挟み、それを引き抜いたりして鍛えていくしかない。メジャーでは投球練習でも球数制限があり、思うように投げ込みもできない。キャッチボールでも、スプリットを投げて鍛えていくしかない。

     体質的にもマメがつぶれやすいのだろう。二刀流をこなせる能力はあるが、体質的には不向きなのかもしれない。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00232508-nksports-base

    続きを読む
    スポンサーリンク


    スポンサーリンク
    記事検索
    アーカイブ
    応援クリック
    ブログランキング・にほんブログ村へアクセスランキング


    プロ野球データFreak
    パリーグ順位表
    スポンサーリンク