なんJなんでもあり部

なんJのネタサイト


    スポンサーリンク


    タグ:新垣結衣

    1: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 15:46:02.16 ID:2diI0UmA9
    no title


    12月13日、ファッション誌『NYLON JAPAN』の公式インスタグラムが更新。女優の新垣結衣(31)の貴重なショットが公開された。

    5日に7年ぶりとなるビジュアルブック『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』を発売したばかりの新垣。

    この日のインスタでは、新垣が同書のポスターをバックに自撮りしたと思われる1枚で、写真加工アプリによって犬の耳や鼻、大きく潤んだ瞳になるように加工が施されていた。

    また、インスタでは、同ブックの重版が決定したことを報告するとともに、新垣のサイン付ポスターのプレゼント企画が実施されることも発表された。

    新垣の貴重な自撮り投稿に、ファンからは「ガッキー本当に天使 最高にかわいい」「かわいすぎてどうにかなりそう」「こんな犬いたら…ひろてまうやろー」と絶賛の声があがる一方で、「加工したほうがかわいくなくなるってのは、素顔がハイスペックすぎる証拠!!! ゴイゴイスー」「加工して目が大きくなるより、ありのままのガッキーの方が美人! 整形はしないでね!」と加工しない写真のほうがかわいいとの声も寄せられていた。

    4日にも同アカウントで初となるインスタライブを行い大きな反響を呼んだ新垣。自身のアカウント開設にも期待が高まるばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2115187/
    2019.12.13 13:25 日刊大衆

    続きを読む

    no title
    1: 風吹けば名無し 2019/12/06(金) 21:50:46.49 ID:ansrbCrJ0
    女優の新垣結衣が4日、ファッションマガジン「NYLON JAPAN」の公式Instagramで行われたライブ配信で、自身のInstagramアカウントを開設しないワケを告白。その理由が反響を呼んでいる。

     ライブでは、ファンから寄せられた質問に新垣が答えるコーナーがあり、そのなかには「これを機にInstagram始めてみませんか?」という質問も。
    この質問に新垣は「映える毎日を送ってないんですよ、本当に」と苦笑い。「見せたいものが……ない……」と続けると、
    「未来はわからないので、可能性がないとは言わない」と前置きした上で「今はちょっと本当にたいした毎日を送ってないので、寝てばっかりになっちゃう」「更新滞ったりするから」とInstagramアカウントを開設しないワケを説明。
    「今の時点では可能性ないですね。ごめんなさい」としながらも、「気が向いたらやってください」というファンの声に「はい! ありがとう」と返した。

     「映える毎日を送ってない」という意外な新垣の回答に、インターネット上では「正直なところもステキ」「ガッキー最高」「好感度上がった」
    「存在自体が映えだよ」と反響が続々。正直に思いを伝える姿勢とその理由に悶絶するファンが相次いだ。

    続きを読む

    no title
    1: 風吹けば名無し 2019/12/06(金) 14:24:16.92 ID:21sbE9p59
    【モデルプレス=2019/12/06】女優の新垣結衣が、7年ぶりとなるビジュアルブック「YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019」を5日に発売。
    それに伴い、NYLON JAPAN公式アカウントで4日、インスタライブを行った。

    ◆新垣結衣、初めてのインスタライブ

    今回発売されるビジュアルブックは予約開始後、瞬く間に完売。発売前に異例の重版が決定していた。

    インスタライブが始まると、新垣はまずファンへの感謝の気持ちとビジュアルブックへの想いを語った。

    ◆新垣結衣、SNS用語が分からず戸惑う

    さらに、リアルタイムで届く視聴者からの様々なコメントや、事前にNYLON JAPANの公式Twitterで募集していた質問に答えていく新垣。

    SNSを全く行っていない新垣は、「ハッシュタグとシャープって違うんでしょ?」と戸惑いながらスタッフに正しいハッシュタグの書き方を教わるなど、“SNS用語”が分からず戸惑いを見せた。

    また、有名人などがインスタライブでよく行っている“スクショタイム”。

    視聴者がインスタライブの画面をスクリーンショットできるよう、ポーズを決めて静止することを指すが、今回新垣の元にもその要望が届いたようで「スクショタイムって何なんですか?」とスタッフに質問。

    スタッフからの説明を聞いた新垣は「止まる?!」とライブ中に静止することに驚いている様子。

    しばらく悩んだものの、後ろの壁に貼られていたポスターの自分自身と全く同じポーズを決め、「スクショタイムです、これ!」とお茶目な様子を見せた。

    ◆新垣結衣、SNSを始めない理由明かす

    最後に「これを機にInstagram始めてみませんか?(笑)」という質問を読み上げた新垣は渋そうな表情を見せ、「映える毎日を送ってないんですよ、本当に…」と話し始めた。

    さらに「未来は分からないので可能性が無いとは言い切れないですけど、今はちょっと…本当に大した毎日を送ってないので、寝てばっかりになっちゃうので、代わり映えしないと思うんで」
    と自身の私生活でわざわざファンに見せるような出来事が無いことを語り、「あと更新滞ったりするから。今の時点では可能性はないですね。ごめんなさい」とSNSを始める予定は一切無いことをキッパリと断定した。

    ◆新垣結衣のインスタライブに反響殺到

    今回のインスタライブ後、ネット上ではファンからの反響が殺到。

    「インスタ慣れしてないガッキー可愛すぎる」「スクショタイム最高でした」「幸せな1時間だった…」など、初めてのインスタライブに対する歓喜のコメントのほか、「自分の信念を突き通すところが好きです」
    「ガッキーの考え方マジでかっこいい…」とSNSを始めない理由をはっきりと話した新垣を称賛する声も多数寄せられていた。(modelpress編集部)

    【Not Sponsored 記事】

    https://news.livedoor.com/article/detail/17487210/
    2019年12月6日 13時10分 モデルプレス

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/11(月) 06:16:55.94 ID:09eL7xcX0
    no title

    8: 風吹けば名無し 2019/11/11(月) 06:20:24.05 ID:Dt8PW4xO0
    おでこヒロインやな
    ワイと似ててかわいい

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/10/30(水) 09:30:10.63 ID:SzSqXbas9
    女優の新垣結衣が、10月25日公開の電子雑誌「旅色」11月号(ブランジスタ)の表紙と巻頭インタビューに登場。
    絵本の世界のような秋の軽井沢を堪能し、ピュアな瑞々しさはそのままに、ときおり見せる艶やかな大人の表情にも引き込まれる姿を披露している。

    普段は出無精で、少しでも愛犬と一緒にいる時間を大切にしたいという新垣。
    巻頭のスペシャルインタビューでは、最近、家族と軽井沢を車で訪れた体験を語っている。
    「行き先を軽井沢にしたのは、たまたま犬も一緒に泊まれる宿が取れたから」。
    自分はホスト役、ドライバーに徹したといい、「車で走っているだけで気持ちよかった! 緑が多くて、ふと目に入る建物の屋根の形もかわいくて」と十分満足した様子。

    30代になって旅のスタイルにも変化が。旅支度は「できるだけミニマムに」と考えるようになったという。
    「あと、『意外と近い!』と思い込む(笑)。そういうふうに思えば、もうちょっとフットワークが軽くなるかなーって」。

    回りの女性たちのフットワークの軽さがうらやましいといい、「まさに、大人の女性の一人旅。気負うわけでもなく、パッと決断して、パッと行ってパッと帰って来る。
    私も、旅への価値観の持ち方をそういう方向に変えていきたいな、と思っています」と語る。
    それがなかなかできないのは、「やっぱり犬を置いて行くのが……。だからもっと、ペットと一緒に行ける場所とか、泊まれる宿とかの情報が欲しい」と切望する新垣。

    「1泊2日のRefresh Trip」のコーナーでも、秋冬ならではの非日常感あふれる軽井沢を新垣がナビゲートする。
    美術館やカフェを巡り、静かな空気の中で目にする幻想的な景色の数々。
    白糸の滝を前に「滝を見てるだけで癒やされます」と、軽井沢随一の景勝地を堪能している。

    電子雑誌「旅色」11月号は公開中。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00070222-crankinn-ent
    10/26(土) 11:30配信

    no title

    続きを読む
    スポンサーリンク


    ↑このページのトップヘ