パリーグ速報

パリーグ情報満載のニュース、ネタサイト


    スポンサーリンク

    福岡ソフトバンクホークス

    ソフトバンクに入るメリットが多すぎて断る理由がないレベル

    11080801_photo

    1: 2017/12/14(木)18:52:56 ID:9wa
    毎年日本一になれるほど強い
    ギャラは高い
    選手として株を上げれば大人気になれる
    GMはあの世界の王さん

    最高やんけ

    2: 2017/12/14(木)18:53:43 ID:Fkc
    なお実力が

    3: 2017/12/14(木)18:53:57 ID:4zb
    選手層厚すぎて1軍上がれないやろうなあ

    続きを読む

    中村晃、東浜に照準を定める

    1: 2017/12/14(木)09:59:21 ID:E3u
    no title

    no title

    no title

    no title

    11: 2017/12/14(木)10:55:46 ID:79f
    >>1
    2枚目ガチなやつやん

    2: 2017/12/14(木)10:01:05 ID:Bzx
    そんな東浜は城所と一緒に川島のバーで遊び
    オタク石川はばやばやしばやし投稿をしている模様

    続きを読む

    帰国してからの松坂大輔投手を1試合ずつ振り返ってみる

    松坂大輔投手

    1: 2017/12/12(火) 22:19:07.82 ID:9wB8b4l+0
    2016/10/02

    投球回数1 打者10 被安打3 与四球2 与死球2 奪三振2 暴投1 失点5

    2: 2017/12/12(火) 22:19:57.19 ID:P7E3TkeOM
    終わり

    3: 2017/12/12(火) 22:19:57.75 ID:nKX/+ZR+0
    結構いけるな

    続きを読む

    ホークスが村田を獲得する5つの理由

    11080801_photo

    1: 2017/12/13(水)00:31:42 ID:6RN
    1 最後の花道を地元で飾るのがいい

    村田は高校時代東福岡高校でプレーをし
    横浜時代のブログには九州男児の表記もあり、東福岡高校OBや地元の村田ファンにはいい光景になる

    2 さらなる代打の補強
    現状ソフトバンクのサードは松田のみであり、松田に万が一があった場合かわりのサードがいないが
    村田をとると戦力ダウンは軽減され効率的に松田を休養させることが出来る

    3 移籍した時に村田が馴染みやすい
    横浜ベイスターズ時代チームメイトだった内川、吉村、寺原が在籍し工藤が監督のためプレーしやすいのではないか

    4 ドームのため体調管理がしやすい
    巨人移籍以降はドーム球場でプレイしていた為年齢もあり野外でのプレーが心配されるが
    ヤフオクドームが本拠地のソフトバンクなら体調管理はしっかりできるはずだ

    5 ネームバリュー
    大型戦力で出る名前出る名前超強力ではあるが
    右の代打が唯一不足しており、そこに村田が加入すればさらに手強いチームになるであろう

    続きを読む

    【朗報】ソフトバンク戦力外の吉本祥二さん、高卒ながらソフトバンク本社採用

    20171213-00000080-spnannex-000-2-view

    1: 2017/12/13(水)08:39:59 ID:1Rc
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000080-spnannex-base
    同期の影を追いかけたが、踏むことさえかなわなかった。東京・足立学園では「下町のダルビッシュ」と騒がれ、11年ドラフトで2位指名された。1位は同学年の武田だった。
    1年目に8勝を挙げた同期はまばゆかった。「悔しかった半面、自分の実力に気づかせてくれた」。一番近くで見てきた仲間だから、自分との違いが分かり、決断を後押しした。

    「スターになれ」。秋季キャンプへあいさつに行った際、達川ヘッドコーチから助言された。それほど1メートル88の長身と、ルックスはモデルと見間違うほどだ。
    ただ「人前に立つのはやっぱり苦手です」と苦笑い。地道に生きると決めていた。

    そんな男に思わぬオファーが来た。11月下旬、東京・汐留にあるソフトバンク本社に出向いた。球団のセカンドキャリアで勧められたのは本社採用だ。
    世界が相手の一流企業の仕事に「高卒でこんな仕事を紹介してもらえる。なかなかある話ではないと思います」と心は前を向いている。

    研修段階で、進む道が正式に決まったわけではない。ただ、新たな戦場へ向かう24歳の心にはユニホームを着ていた頃の恐れの感情は消え、ただただ、希望があふれている。

    続きを読む
    スポンサーリンク


    スポンサーリンク
    記事検索
    アーカイブ
    応援クリック
    ブログランキング・にほんブログ村へアクセスランキング


    プロ野球データFreak
    パリーグ順位表
    スポンサーリンク